住信SBIネット銀行で住宅ローンを組むには?

 

ずっと賃貸マンションに住んでいますが、40代に入る前に住宅ローンを組んでおきたいなと思ったりして考えておりました。
今住んでるところの家賃は7万円なのですが、はっきり言って住宅ローンに負けないくらいの値段だと思います。
住宅ローンを払っている知人よりもはるかに毎月の支払いが我が家の方が多かったりするんですから。
住宅ローンを組むには、まずは銀行探し。
家のローンとなると何十年もの付き合いになるのですから信用・信頼できる銀行が一番大事なことだと思います。
自分が住んでいる地域の銀行や信用金庫など沢山ありますが、それ以外で一つ気になる銀行がありました。
CSテレビでのプロ野球中継の間、コマーシャルによく登場するようになってきていた住信SBIネット銀行です。
そのCMがちょっと変わっていて、球場が舞台になっているCMですごくおもしろくて印象に残っていました。
そこで住宅ローンについて考えていたときに、住信SBIネット銀行のことを思い出してネットで検索してみました。
ネット銀行というのも今時の感じでなおさら興味を持ったんだと思います。
住信SBIネット銀行のサイトを見てみると、さすがはネット銀行だけあって見やすい作りになっていました。
住宅ローンの項目の中に、「初めての住宅ローン・自宅購入の資金計画」というのがあり、初めての人のためにもわかりやすく住宅ローンについて書いてある項目だということがわかりました。
さらに私のような何も知らない無知な人には読んで勉強になることばかりが書いてありました。
一般的にいうと住宅ローンは購入価格の80%までが借入れの上限額というケースが多いんだとか、なので頭金の目安は購入価格の20%程度といわれています。
ただ実際のところは購入費以外に諸費用というのが購入価格の5%~10%くらいはかかるそうで、25%以上の頭金を用意するのが望ましいそうです。
このことを理解したうえで考えてみると、購入金額をしっかり把握し頭金をきちんとすることがまずは大事と知りました。
住宅ローンはかなりの額でかなりの長い年月を費やしますからその金利によっては借り換えを常に考えるのも大事なことですね。
住信SBIネット銀行のサイト内にはファイナンシャルプランナーの住宅ローンについての解説のコーナーもあり、とてもわかりやすくなっています。
またSBIグループのキャンペーン特集というコーナーもあって、耳寄りな情報も多くあるようです。
信頼できそうな住信SBIネット銀行で賢く住宅ローンを考えたいです。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査は甘い?厳しい?

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

この保証会社とは「条件の良い団体信用生命保険」という保険になります。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

自分の家を購入したい!と考えた時資金関係で役立つのは住宅ローンです。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。

返済期間は人によってまちまちですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは通りにくくなってしまう事が多いようです。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

住信SBIネット銀行住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて比較的通りやすいと言われています。

参考:住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?甘い?【低金利で人気】

しかし最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

またもしもこのような借入れが発覚した場合、間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる住信SBIネット銀行住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

といった事は難しいですよね。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、別れた後でも養育費を払う責任があります。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、これから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、判定してもらった金額がローンより安ければ、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。

どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など臨時で融資してもらう特別なローンの事を指します。

一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

住宅ローンの支払いをしていると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

住宅ローンで今人気を集めている商品が楽天銀行などのフラット35です。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

また、それに加え楽天銀行などのフラット35の審査特徴としてこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

楽天銀行などのフラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、およそ1割を税金として納めなければなりません。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

新しく新築を購入したものの、返済している間に三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、そうした場合に備えて準備しておく事も大切です。